2015年11月7日(土)、弘前ペンクラブ設立20周年を記念しまして、編集者・文芸評論家の三浦雅士さん(弘前ペンクラブ名誉会員)の講演会が開催されることになりました。
テーマは「弘前と文学 −石坂洋次郎を中心として−」入場無料ですので、ペンクラブ会員でない方もお気軽にご来場下さい。


三浦雅士文化講演会
上の画像をクリックすると、PDFが開きます。

 

三浦雅士文化講演会

三浦 雅士(みうら まさし)氏

 1946年青森県弘前市に生まれる。1965年弘前高校を卒業。1969年青土社創立に参加。その後『ユリイカ』『現代思想』などの編集長を務める。1982年に青土社を退社。執筆活動を続ける傍ら、1991年『ダンスマガジン』の編集長に就任。
 1984年『メランコリーの水脈』で第6回サントリー学芸賞、1991年『小説という植民地』で第29回藤村記念歴程賞、1996年『身体の零度』で第47回読売文学賞、2002年『青春の終焉』で芸術選奨文部科学大臣賞・第13回伊藤整文学賞を受賞。2010年紫綬褒章受章。
 2012年に恩賜賞・日本芸術院賞を受賞し、独自の視点から理解と成熟を深めた批評の業績が評価された。同年日本芸術院会員となる。現在、東京都在住。


  • 日時:2015年11月7日(土) 午後2:00〜3:30
  • 場所:弘前パークホテル 4F ラ・メェラ
  • 入場無料
  • お問い合わせ:弘前ペンクラブ事務局(弘前読書人倶楽部内)
     TEL . 0172-33-4033(受付時間/12:00〜18:00、毎週月曜日は休館日)