• 監督:小泉徳宏
  • 製作国:日本
  • 日本での公開日:2016年03月19日
  • 鑑賞方法:映画館・劇場
  • 鑑賞場所:シネマヴィレッジ8・イオン柏
  • ジャンル:ラブストーリー, スポーツ
  • おすすめ度:★★★
  • 個人的に好き度:★★★

陸奥新報 映画散策記事

 小倉百人一首を用い、短歌の下の句が書かれた札を取り合う「競技かるた」。読み札は上の句からになっているため、競技者は、ここまで読まれればその札だと確定できる「決まり字」を暗記している。かるたにはおとなしいイメージがあるが、取る速さで勝敗が決定するのもあって、腕の素振りをするなどスポーツに近い。
 本作は、競技かるたに情熱をそそぐ高校生たちを、感情豊かに描いている。原作は末次由紀作の少女漫画だ。高校入学後、競技かるた部の創設に奔走していた千早(広瀬すず)は、幼なじみの太一(野村周平)と再会する。太一とは小学生の頃、一緒にかるたを学んだ仲だった。しつこく勧誘活動を続けるうち、太一を含む部員が揃うが―。
 タイトルの「ちはやふる(ちはやぶる)」は、在原業平の「ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」から取ったもの。「ちはやぶる」は勢いが激しい、荒々しいという意。そしてこの歌のように、競技シーンは激しかった。画面の配色も、紅葉と情熱のイメージの赤色が基調となっている。
 見どころは、①主人公の千早をめぐる三角関係②ヒロイン(千早)の美しさ・存在感の二つ。①を成立させるには②が不可欠だが、広瀬にはそれを成立させる説得力がある。凛とした表情と、強烈な眼力。旬の女優を起用した、良い配役であった。
 ただし、競技中心だからか紹介される短歌が少ない印象。

2016年04月12日付 陸奥新報掲載 (船)

雑 記

いくらタイトルになってるとはいえ、「ちはやぶる〜」の歌ばかり出てくるのはどうなのだろう。
小倉百人一首のかるたは文字通り百枚ある。だが劇中で紹介される短歌は少ない。
脚本を書いた人の所為なのか、はたまたスタッフなのか。
競技については研究したのかもしれないが、どことなく、百人一首自体の理解は浅いように思われた。