• 監督:デヴィッド・フィンチャー
  • 製作国:アメリカ/字幕
  • 日本での公開日:2014年12月12日
  • 鑑賞方法:映画館・劇場
  • 鑑賞場所:シネマヴィレッジ8・イオン柏
  • ジャンル:サスペンス
  • おすすめ度:★★★★★
  • 個人的に好き度:★★★★☆

雑 記

2012年発表のギリアン・フリン作同名小説を基にした作品。
5回目の結婚記念日を迎えるニックとエイミー。だがエイミーが突然失踪してしまう。家のリビングは荒らされ、台所の床からはルミノール反応が検出される。
世論は「ニックが妻を殺したのではないか?」と疑念を抱き始めるが……

さすがデヴィッド・フィンチャー監督だけあって、出来は素晴らしい。
映画全編を通して、不穏な雰囲気が漂っていた。
疑わしい夫を演じるベン・アフレックが適役だし、ミステリアスなエイミー役のロザムンド・パイクもまさに「パーフェクト・エイミー」であった。
これほどまでにラストが恐ろしいとは。あまり書くとネタバレになるので、自重する。

しかしながら、逆に恐すぎてもう一度観たいとは思えない。
結婚する前に見ない方がいい映画である。