• 監督:エクトール・バベンコ
  • 製作国:アメリカ, ブラジル/字幕
  • 日本での公開日:1986年07月19日
  • 鑑賞方法:DVD〈TSUTAYAなどからレンタル〉
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • おすすめ度:★★★★
  • 個人的に好き度:★★★★☆

雑 記

『アダムス・ファミリー』の主演、ラウル・ジュリアの変貌に驚かされる。同時にDVDで観たので、尚更落差が激しく感じられた。
ラウル・ジュリアは残念ながら1994年に他界してしまったが、もっと長生きして演技を魅せてほしかったと思う。

ほとんどがモリーナとヴァレンティンという2人の会話で綴られている。舞台は閉塞感のある刑務所という場所だが、文学作品が原作になっていることもあって、奥行きが感じられるストーリー。
ゲイであるモリーナの語る物語が、ヴァレンティンの心を温める。しかしモリーナは、密かに自分に物語の主人公を重ねていた。

2つの悲恋を丹念に綴った作品である。